HAReGI

http://kaoritamura.com

HAReGI

『ゆきさき』衣服を中心とした1点物の展示販売

『ゆきさき』

2018年 10月12日(金)~14日(日) 10月19日(金)~21日(日)

※10月15日(月)~18日(木) 休廊

三番町ギャラリー

〒350-0045
埼玉県川越市南通町14-3 三番町ハウス103

アクセス

JR・東武東上線川越駅東口から徒歩3分

オープニングパーティー /トークセッション 10月14日(日)13:00より
美術家・半谷 学さんとのトークセッションと、
シンガーソングライター・大澤 加寿彦さんによるライブを開催します。
トーク後に軽食のご用意もあります。

半谷 学  http://www.hangais.com/art.htm
大澤 加寿彦 https://www.tunecore.co.jp/artist/kazuhikoosawa

舞台衣装家・田村香織は日々、「誰が着るか決まっている」衣服を作っています。
ふと空いた時間に、衣装の残り布や、譲り受けた服を使って誰が着るでもない
「ゆきさき」のない服を作ることがあります。
美術家・半谷学さんの作品「差傘花」(さしがさばな)に着想を得た、廃棄され
た傘の布地部分を利用したあずま袋も展示します。

どちらも一つの役目を終えたもの、ゆきさきのないものたちの、その先に思いを馳せて

うまれた品々です。

今回はこれまでOPEN CLOSETで感じてきた課題「生地はいいけど、シミがあって着られない」

「直しても着られないかな」という、ちょっと難アリな衣服たちと向き合う機会になっています。

向き合いたかったんだけど、時間がないことを言い訳に先送りしていたのですが、三番町ギャラリーを運営されている

草野さんからお声がけ頂いたこときっかけに、新しいことにも臨んでみます。

時同じくして、美術家の半谷学さんの作品から派生して偶然作った「傘のあずま袋」も実験的に

複数制作して販売してみようと思います。

作品「差傘花」(さしがさばな)も、展示(購入も可能)します。

10月14日のイベントでは、これまた埼玉にゆかりのあるシンガーソングライターの大澤嘉寿彦さんにミニライブをお願いしています!

わたしも今からとても楽しみです。

Co.Bushman「よいのみつ」

演出・構成・振付:黒須育海
出演:歌川翔太、金子佑紀、手塚バウシュ、中村駿、黒須育海
スタッフ:照明=久津美太地 音響=相川貴 舞台監督=久保田智也 衣装=田村香織

photo by bozzo

 

トロテック・レーザー・ジャパン株式会社様のご協力を得て、レーザーカットで作成したオリジナルの生地を使用しています。

 

瀬戸内サーカスファクトリー Fil de Cocon

越後妻有大地の芸術祭参加作品

Fil de Cocon~フィル・ド・ココン~夏の夜を紡ぐ糸

[アーティスティック・ディレクター]田中未知子
[演出・出演]ベルナール・カンタル(俳優、アクロバット)
[人形出演]勘緑+木偶舎
[人形製作&ヘアメイク]計良宏文(資生堂トップヘア&メイクアップアーティスト)
[パフォーマンス出演]タチアナ=モジオ・ボンゴンガ(綱渡り)、岡部莉奈(一輪車ダンス)、麻風(大旗パフォーマンス)
[音楽]阿部一成(篠笛)、Falcon(ギター)、渡辺庸介(ドラム、パーカッション) 
[技術監督]ヤン・ナーツ
[舞台監督]夏目雅也
[舞台監督助手]さかいまお
[音響]山本高広
[衣装]田村香織 
[企画制作](一社)瀬戸内サーカスファクトリー

今回は木偶舎の皆様の白い衣装と、人形(Cocon)のい衣装デザイン・制作にも臨みました。

戦い続ける強く優しい存在として、ヘアメイクアーティストの計良宏文さんに衣装にも汚しメイクを施してもらっています。

綱渡りのタチアナさん、一輪車の岡部莉奈さんなど、はじめてご一緒する方も多く、衣装デザインと技の兼ね合いにも注力しています。

作品の物語性、デザイン、技を際立たせる構造、文楽人形への衣装など自身にとっても新たな挑戦となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
<
>
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ながめくらしつ「うらのうらは、」

ながめくらしつ結成10周年記念公演『うらのうらは、』
     せたがやこどもプロジェクト2018《ステージ編》
STAFF&CAST
演出・振付:目黒陽介
音楽:坂本弘道
美術:鎌田朋子
出演:目黒陽介
長谷川愛実
谷口界
ハチロウ
安岡あこ
吉田亜希
入手杏奈
菅原雄大
玉井夕海
坂本弘道
舞台監督:川上大二郎
舞台監督助手:川崎将二
照  明:山森栄治
音  響:柄篤弘/齋藤正樹(Stage Office)佐藤利彦
テキスト・演出助手:藤原佳奈(mizhen)
衣  裳:田村香織(HAReGI)
宣伝美術:わたなべひろこ
写真撮影:bozzo
映像撮影:関矢昌宏/小野澤峻
PV協力:望月ゆうさく
WEB統括 :大野拓哉
制  作:奥村優子
制作助手:須田恵梨華/鈴木仁
協  力:鯨井真由美(楽屋ケータリング) まゆ(クラウドファンド) 中村亮介(翻訳)
当日運営:池谷昌美 大野洋子 神庭広希 小辻太一 武倖平 船越由惟子 山下陽子

*作品制作協力:世田谷パブリックシアター

180816153921 0816_NAGAME_OMO03 0816_NAGAME_OMO06 0816_NAGAME_OMO29 180816153840 180816190139 0816_NAGAME_OMO27 0816_NAGAME_OMO35 0816_NAGAME_OMO14 0816_NAGAME_OMO13 0816_NAGAME_OMO22 0816_NAGAME_OMO21 0816_NAGAME_URA22 0816_NAGAME_URA10 0816_NAGAME_URA14 0816_NAGAME_URA07 0816_NAGAME_OMO33 0816_NAGAME_OMO02 180816164516
<
>

9月の予定

国際創作サーカスフェスティバルSETOラ・ピスト

「こんぴらだんだん」

メイン公演にて衣装デザイン、制作を担当します。

主催:瀬戸内サーカスファクトリー
協賛:琴平町
後援:香川県 
文化庁「平成30年度戦略的芸術文化創造推進事業」 
会場:琴平町公会堂、琴平町文化会館ほか
会期:公演2018年9月15日(土)~16日(日)

<メイン公演>

日仏共同作品「ルフラン一風の記憶」

9月15日(土) 13:00 9月16日(日) 11:00、16:30
場所:琴平町公会堂 前庭


【演出】ベルナール・カンタル
【出演】ジュリアン・クラミエ(空中芸クラウド・スウィング)、めぐみ梨華(ディアボロ)、麻風(大旗パフォーマンス)
【音楽】阿部一成(篠笛)、ファルコン(ギター)、渡辺庸介(ドラム、パーカッション) 

8月の予定③

よいのみつ

黒須育海率いるco. Bushmanの新作にて衣装デザイン、制作を担当しています。

神楽坂セッションハウス

2018年8/11(土) 19:30
8/12(日) 13:30/17:30

料金:一般前売 3,000円 学生前売 2,500円 当日+500円

振付・構成・演出:黒須育海
出演:歌川翔太、金子佑紀、手塚バウシュ、中村駿、黒須育海

【ご予約、お問合せ】 bushman.dco@gmail.com

8月の予定②

Fil de Cocon~フィル・ド・ ココン~夏の夜をつむぐ糸

瀬戸内サーカスファクトリーの新作新作が越後妻有台地の芸術祭にて上演されます。

衣装デザインと制作で参加しております。

以下、ウェブサイトより抜粋

燃えるような陽がおちはじめ、群青の夜が訪れると、あちらにぽつり、こちらにぽつりと、精霊のような生き物がふわふわと現れだす。稲穂のうえを、民衆の見上げる先を空中を、すべるように歩いてく―。世界最高峰の綱渡り師、俳優兼馬アクロバットなど… 個性派サーカスアティトたちが日本の原風景の中で織りなす幻想の世界に勘緑(浄瑠璃人形)が誘う。
[アーティスティック・ディレクター]田中未知子
[演出・出演]ベルナール・カンタル(俳優、アクロバット)
[人形出演]勘緑+木偶舎
[人形製作&ヘアメイク]計良宏文(資生堂トップヘア&メイクアップアーティスト)
[パフォーマンス出演]タチアナ=モジオ・ボンゴンガ(綱渡り)、岡部莉奈(一輪車ダンス)、麻風(大旗パフォーマンス)
[音楽]阿部一成(篠笛)、Falcon(ギター)、渡辺庸介(ドラム、パーカッション) 
[技術監督]ヤン・ナーツ
[舞台監督]夏目雅也
[舞台監督助手]さかいまお
[音響]山本高広
[衣装]田村香織 
[企画制作](一社)瀬戸内サーカスファクトリー

8月の予定

ながめくらしつ結成10周年記念
新作現代サーカス公演『うらのうらは、』

衣装で参加します。

 

結成10周年となる国内有数の現代サーカス集団・ながめくらしつ。
あらたなクリエイターやキャストを迎えてお送りする新作本公演。
見る者の記憶や感情に見知らぬ懐かしさを呼び起こす、
ながめくらしつの詩的世界が三度シアタートラムに出現します。

2018年8月17日(金)~20日(月)
@シアタートラム

演出・振付:目黒陽介
音楽:坂本弘道
美術:鎌田朋子

出演
目黒陽介(juggling)
長谷川愛実(aerial,dance)
谷口界(acrobat,dance)
ハチロウ(juggling)
安岡あこ(dance)
吉田亜希(aerial,dance)
入手杏奈(dance)
菅原雄大(cello.violin)
玉井夕海(voice, accordion)
坂本弘道(cello,musicalsaw,electronics)

主催:ながめくらしつ
提携:公益財団法人せたがや文化財団/世田谷パブリックシアター
後援:世田谷区

※フライヤーデザイン:わたなべひろこ
※写真撮影:bozzo

trotecレーザーカッター×衣装

トロテック・レーザー・ジャパン株式会社様のウェブサイトに作品を掲載して頂きました。

原宿のHappy Printers様にて、衣装を作る際にレーザーカッターを活用していたことがきっかけで

これまで制作した衣装をご紹介いただきました。

なぜレーザーカッターを使ったのかという点も丁寧に拾い上げてもらっているので

「使ってみようかな?」と思っている方は是非ご一読下さい。

はじまりの発想「こんなことがしたいな」を実現するツールとして、様々なものを知っておくことは

決して損にはならないと実感した一例です。

Tuberosa

photo: Yoshiki Shigematsu

model: Junko Toyonaga